仙丈ヶ岳   Mt. Senjogatake

撮影日:1998/8/9〜10 Photo by Minaphm, All Rights Reserved.
撮影機材:ボディー: Pentax KX、レンズ: SMC Pentax 50mm F1.4、Sigma 28mmF2.8 ほか

「南アルプスの女王」なんてニックネームもありますが、確かにカールに取り巻かれた柔らかい山容の印象で、その美しさは格別です。でもやはり3000m峰、登山の際に甘く見てたらえらい目にあいそうです。その大きな山容は南ア南部の巨人たちとも匹敵するものをもっています。しかし、北沢峠までバスが行くようになって、かつてよりアプローチはずいぶんと楽になりました。今回は、前夜に仙流荘の駐車場で車中泊し、8/9は朝一番のバスで北沢峠へ。ここでのんびりと過ごし、夜は北沢長衛小屋近くのテント場で野営、翌朝(8/10)、稜線のルートで大滝ノ頭、小仙丈を経て仙丈ヶ岳の山頂に立ち、下りは仙丈小屋から馬ノ背に少し入り、藪沢を下り、午後のバスで仙流荘に下りました。



1998.8.9


仙流荘のバスターミナルと長谷村営バス



鋸岳
バス途中の休憩所、歌宿から。最高点は2685m。



甲斐駒ヶ岳
左から甲斐駒ヶ岳2966m、駒津峰2752m、双児山2649m



北沢長衛小屋テント場と小仙丈
谷間のテントサイトから見上げる小仙丈は予想以上に高い



ヤナギラン
北沢長衛小屋前にて



竹沢長衛翁レリーフ



ホソバトリカブト
北沢峠付近にて


1998.8.10


北沢峠上の樹林帯の夜焼け
北沢峠からの稜線は、最初はみごとな樹林帯です。木々の隙間から甲斐駒ヶ岳。
この写真は縮小版ですが、画像クリックでフルスケール画像が見られます。
ダウンロードすると、壁紙(1920×1280)としてお使いいただけます。



森林限界付近からの甲斐駒ヶ岳
時折森の中から見え隠れしていた甲斐駒が全容を表す。摩利支天の岩峰(右)を従えた甲斐駒(2967m)の勇姿。



森林限界付近からの鳳凰三山
左が地蔵岳のオベリスク、高嶺をはさんで中央が観音岳、右が薬師岳



小仙丈岳山頂と甲斐駒ヶ岳
ついに小仙丈岳2855mの山頂に着きました。振り返ると、甲斐駒(左)、小仙丈山頂(中央)、右側はアサヨ峰2799mです。左端後方は八ヶ岳。



小仙丈からの仙丈ヶ岳と小仙丈沢カール
仙丈ヶ岳は3つのカール(圏谷)でも名高く、特にこのカールはみごとです。
この写真は縮小版ですが、画像クリックでフルスケール画像が見られます。
ダウンロードすると、壁紙(1920×1280)としてお使いいただけます。



小仙丈岳からの南望
正面に塩見岳(3052m)。その左が悪沢岳(3141m)、右が荒川岳(3083m)と赤石岳(3120m)。200mm望遠レンズ、偏光フィルター使用。



富士山、北岳と間ノ岳
標高No.1(3776m)とNo.2(3193m)そしてNo.3(3190m)の競演。午前中は逆光となるのが難点です。
この写真は縮小版ですが、画像クリックでフルスケール画像が見られます。
ダウンロードすると、壁紙(1920×1280)としてお使いいただけます。



トウヤクリンドウ
北岳をバックに、風に揺れるトウヤクリンドウ。



近づく山頂と藪沢カール
山頂に人ごみが見えてきました。その下に大きく、藪沢カールです。



仙丈ヶ岳山頂にて
歩き始めから4時間45分かかって山頂到着です。記念写真を撮る登山者たち。



富士山と北岳
山頂からみると、No.1とNo.2がさらに寄り添います。



鋸岳と八ヶ岳
手前が鋸岳。遠方右が八ヶ岳。さらに後方左に浅間山。偏光フィルター使用。



仙丈小屋から
仙丈小屋の前から山頂と藪沢カールを振り返ります。ほんと、スケールの大きな山です。



ウサギギク
馬ノ背のお花畑にて。このあたりのお花畑は、一級品です。



クジャクチョウ


馬ノ背の高山植物へ



藪沢を下る



タケシマランの赤い実
北沢峠のバス停付近で



山行記録:日時−1998年8月8日〜11日、天候−晴れ。8日、19h和歌山発、23h 草津発、9日、2h過ぎ、戸台口バス停(仮眠)、8:20 バス戸台口発、9:30北沢峠着。10:00北沢峠長衛荘テントサイト着、キャンプ。10日、4:30長衛荘出発。6:45大滝ノ頭、8:00小仙丈山頂、9:15仙丈ヶ岳山頂到着。10:30山頂出発、薮沢経由、13h北沢峠長衛荘テントサイト着(泊)。11日、7:30バスで戸台口へ。

ぼくにとっては19年前の雪辱登山でもありました。北沢峠までバスで行けてこそできたことなんでしょうが・・・(19年前(高校時代)は、戸台から大平小屋まで一日かけて登りました。そこでもうかなりグロッキー!)・・・北沢長衛荘キャンプ場〜北沢峠〜大滝ノ頭〜小仙丈〜仙丈ヶ岳〜馬ノ背〜藪沢〜大平小屋〜北沢長衛荘キャンプ場。北沢峠〜大滝ノ頭では急登に手こずりましたが、山頂での最高の眺めで苦労は吹っ飛び。東は富士山、西は中央アルプスに御嶽山、南は塩見、悪沢、赤石岳、北は槍・穂高から白馬岳までの大眺望は圧巻でした。


周囲からの仙丈ヶ岳


高遠からの仙丈ヶ岳
西側の高遠湖より。2001,4



木曽駒ヶ岳からの仙丈ヶ岳
木曽駒ヶ岳・中岳より。後方右寄りが仙丈ヶ岳。左に鋸岳・甲斐駒ヶ岳。右端には北岳。2000,8





中央自動車道・駒ヶ岳SAからの仙丈ヶ岳
上:上り線SAの展望台から、甲斐駒ヶ岳(左端)と仙丈ヶ岳。2001.10
下:下り線SAから、200mm望遠による残雪の仙丈ヶ岳。1979.3




双児山からの仙丈ヶ岳
北側からの仙丈の姿です。2009.8
この写真は縮小版ですが、画像クリックでフルスケール画像が見られます。
ダウンロードすると、壁紙(1920×1280)としてお使いいただけます。



北岳からの仙丈ヶ岳
北岳山荘付近より。野呂川谷を隔てて、東側から見た仙丈です。1978,8

この写真は縮小版ですが、画像クリックでフルスケール画像が見られます。
ダウンロードすると、壁紙(1920×1280)としてお使いいただけます。



大菩薩峠から
これも東からの姿です。左端が仙丈ヶ岳。アサヨ峰を挟んで、右寄りには甲斐駒ヶ岳。2005.4.23