コイワカガミ イワウメ科イワカガミ属)


























1:2000.8.6、中央アルプス、宝剣岳〜檜尾岳の稜線にて、2:2004.8.10、北アルプス・大ノマ岳で、3:2006.8.19、立山、室堂付近にて、4:2010.8.21、剱岳、剱沢にて、
5:2011.8.20、北アルプス・薬師岳の薬師平付近で、6:2017.8.13、北アルプス・白馬鑓ヶ岳、大出原にて


通常の山で見られるイワカガミオオイワカガミに対し、高山で見られるものはやや小さいので、コイワカガミと呼ばれます。
花は通常1〜5個ですが、6は花が8個ついています。でも特徴からコイワカガミのようです。