ミヤマアキノキリンソウ (キク科アキノキリンソウ属)



































1:2006.8.19、立山、室堂付近にて、2:2002.9.14、北アルプス・白馬岳・大雪渓にて
3-4:2011.8.19-20、北アルプス・薬師岳、標高2000〜2500mあたりで、5-6:2012.8.18、それぞれ南アルプス・千枚岳、悪沢岳の山頂付近で
7:2013.8.13、北アルプス・奥穂高岳にて、8:2014.8.18、南アルプス・北岳山荘付近にて、9:2016.8.13、北アルプス、水晶岳にて


アキノキリンソウの高山種です。別名、コガネギク。アキノキリンソウより花序が上方に丸くつくのが特徴です。