ミヤマダイモンジソウ (ユキノシタ科ユキノシタ属)





















1:2002.9.14、北アルプス・白馬岳・大雪渓にて、2:2004.8.9、北アルプス笠ヶ岳・笠新道で
3:2006.8.19、立山、室堂付近にて、4:2010.8.21、剱岳、剱沢にて、5:2013.8.13、北アルプス・前穂高岳・重太郎新道にて

ダイモンジソウの高山種です。もちろん、5個の花弁のうちの
下二本が長く、大文字に似ているからついた名前です。1は白馬の大雪渓で、
2は笠新道最上部の、抜戸岳山頂近くの標高2700m付近で咲いていました。
なかなかたくましい花です。