タテヤマアザミ (キク科アザミ属)





























1-2:2010.8.21、富山県立山・室堂平、ミクリガ池付近にて、3:2010.8.22、剱岳・剱沢の剣山荘付近で、4−5:2011.8.20、北アルプス・薬師岳、
標高2000〜2500mあたりで、6:2013.8.13、北アルプス・前穂高岳・重太郎新道にて、7:2017.8.14、北アルプス・白馬鑓ヶ岳、鑓温泉〜小日向乗越間にて

3のように総苞片が比較的短く、2のように、葉が独特の形状であまり深くえぐられない、などの特徴で他種と見分けられます。
北アルプス北部と白山に分布するとされていますが、北アルプス南部の6は、本種の特徴が出ています。南部はキソアザミが一般的。