フクジュソウ (キンポウゲ科フクジュソウ属)






































10



11



12



13



14



15


1-6:2005.4.9、鈴鹿山脈・霊仙山、西南稜上部で、7-8:1996.4.29、鈴鹿山脈・御池岳・ヒルコバ付近で、
9-10:
2002.4.13鈴鹿山脈・藤原岳・8合目付近で、11-12:2013.3.16、大津市・寿長生の郷にて、13-15:2016.3.27、鈴鹿山脈・鍋尻山にて

新春のシンボル・福寿草です。やはり、霊仙山西南稜の大群落が、素晴らしいと思います。
1-6が、その西南稜で撮ったフクジュソウです。周囲には雪がありましたが、花の周りは残念ながら融けていました。
それでも、5のように岩の間から花だけ咲いているところが、一番絵になると思います。
6は、西南稜の大群落。これでも、まだほんの一部といったところです。
7-10は御池岳と藤原岳でもフクジュソウです。こちらは、背丈も高くなり、菊のようですね。雪を割って咲いてるところが見てみたいものです。
11-12は植物園で育てられた株の花です。さすがに美しく咲いています。