ハゼラン (スベリヒユ科ハゼラン属)

ハゼラン 1




ハゼラン 2




ハゼラン 3




1-3:2012.10.6、和歌山市伊太祁曽にて


秋に小さいながらも形の整った派手なピンクの見慣れない花を見つけました。なかなか図鑑では見つからず、偶然ネットで見かけました。
やはり、帰化植物だったようです。それでも、明治時代に南米から入ってきたそうで、いまでは野生化もしています。1-3も駅舎の脇や
畑の隅などで見かけました。3は葉で、少し厚みがあり、このあたりはスベリヒユの仲間ということを納得させてくれます。なお、名前の
「ハゼ」は、ハゼノキのハゼとは関係なく、花が飛びはぜるように咲くことに由来しているそうです。ランは蘭のような花から来たのでしょう。