ホンシャクナゲ (ツツジ科ツツジ属)


























7










1:1999.5、鈴鹿山脈・鎌掛谷にて、2:2007.5.20、鈴鹿山脈・タイジョウにて、3:2012.5.20、鈴鹿山脈・ハライドにて、4-6:2013.5.4、京都北山・天ヶ岳のシャクナゲ尾根にて、7:2010.5.22、比良山系、木戸峠付近にて、
8:2016.5.5、越美山地、夜叉ヶ池登山道(美濃側)の幽玄の滝付近で、9:2016.5.5、越美山地、三周ヶ岳の稜線上で

滋賀のシャクナゲで有名なのはなんと言っても鎌掛(かいがけ)谷に自生するホンシャクナゲ(1)です。
ホンシャクナゲは、花先が7つに切れ込み、雄蕊が14本あります。これで、花先切れ込みが5、
雄蕊が10本のアズマシャクナゲと区別できます。滋賀ではほとんどの自生種は、本種のようです。