カラマツソウ (キンポウゲ科カラマツソウ属)













1:1997.7.21、鈴鹿山脈・霊仙山、4合目付近で、2:2002.7.20、伊吹山・9合目付近で
3:2004.8.9、北アルプス笠ヶ岳・笠新道で

花の形からカラマツが連想されるのでこの名があるようです。どちらかというと、
線香花火のようでもありますが。2ではヒメカミナリハムシが花上で食事中です。
3は北アルプスの笠ヶ岳。標高2400〜2600mの杓子平に咲いていました。

to 野の花

to アルプスの花