カワラナデシコ (ナデシコ科ナデシコ属)

























1:2002.7.20、伊吹山・7合目付近で、2:1980.8.28、和歌山市にて(植栽)、3-5:2011.7.24、伊吹山・3〜7合目にて、6:2016.9.10、伊吹山・9合目にて

河原から高山を除く山の上まで、あちこちにはえているナデシコです。今は「撫子」という名は園芸種に取られて
いますが、従来、「撫子」といえばこの花を指したようで、別名「ヤマトナデシコ」というのも、この種です。
本州北部より北では本種にかわって、苞が2対しかないエゾカワラナデシコが自生します。