キッコウハグマ (キク科モミジハグマ属)

















1-2:2007.10.20、鈴鹿山脈、割山で、3-4:2016.10.23、鈴鹿山脈、水無山の尾根にて

モミジハグマと同じ、「ハグマ=白熊」の仲間です。葉が、亀の甲に似ているため、キッコウと呼ばれています。
1-2は日当たりのあまりない、厳しい岩場に、3-4は杉林の林床に咲いていました。