コハコベ (ナデシコ科ハコベ属













1:1978.3.9 、和歌山市で、2:2003.3.28、草津市で、3:2017.3.25、米原市大久保にて


春の七草のひとつです。茎が暗褐色で、ミドリハコベと区別できます。
小さい葉っぱと小さい花で、か弱い雰囲気がしますが、実際にはなかなか強い植物です。
花は直径で6〜7ミリと非常に小さく、接写しないと写せません。3では、オオイヌノフグリに挟まれて咲いています。