コウゾリナ (キク科コウゾリナ属)
































1-2:2006.5.14、大津市仰木にて、3:2006.5.20、湖南市阿星山にて、
4-5:2005.5.29、徳島県神山町にて、6:2005.9.19、伊吹山・7合目付近で、
7:2016.8.12、北アルプス・ブナ立尾根にて、8:2010.8.21、立山室堂平、ミクリガ池付近にて

コウゾリとは、かみそり。葉に固い毛があり、かみそりのような感触があるのでそう呼ばれているそうです。
でも、本種は高山のカンチコウゾリナと比較して、ざらつき感は少しやさしめで、総苞は緑褐色です。
山地〜亜高山では本種が、高山にはカンチコウゾリナミヤマコウゾリナが生えています。


 to 日本アルプスの花

 to 野の花・山の花