マムシグサ類 (サトイモ科テンナンショウ属)



















1:2003.5.17鈴鹿山脈・百々女鬼林道奥の斜面で、2:2004.4.17、鈴鹿山脈・入道ヶ岳の登山口付近で
3:2001.5.4、鈴鹿山脈・銚子ヶ口の登山口付近で、4:2006.5.20、湖南市阿星山で

杉林の中の薄暗いところに、春、出てきます。茎のまだら模様がまるでマムシのようなのでこの名が付いたそうです。
2はその感じが少しわかりやすいと思います。そして秋にはまた凄い実が・・・・秋の実へ

3や4はテンナンショウ属ですが、区別は難しく、とりあえずマムシグサ類としてまとめておきます。