ミヤコアオイ (ウマノスズクサ科カンアオイ属)













1-3:2017.5.5、比良山系・武奈ヶ岳にて


ウマノスズクサ科のカンアオイの一種です。四国、中国、関西地方に広く見られるカンアオイで、
京都付近で確認されたためにミヤコアオイと呼ばれるそうです。ミヤコなので下鴨神社・上賀茂神社の葵祭のアオイかな?
と思いましたが、葵祭のアオイは、フタバアオイの方。ただ、実際に葵祭で使用する葵の葉は京都に多いミヤコアオイという話もあります。

花の萼筒はキンチャク形です。また、葉は卵形で、斑紋があります。基部の両端が少し張りだしています。