ミヤマカタバミ (カタバミ科カタバミ属)


































1:2001.4.22、滋賀県伊吹山地・己高山、標高約800mの鶏足寺跡で
2:2002.4.13、鈴鹿山脈・藤原岳7合目付近で
3:2005.4.9、鈴鹿山脈・霊仙山、汗フキ峠近くで
4:2005.4.30、鈴鹿山脈・鈴ヶ岳の山頂近くで
5-6:2008.5.6、京滋境・経ヶ岳近くの峠にて
7:2001.4.28、鳥取県、大山・大山寺近くにて
8:2009.4.12、比良山系・葛川・坂下にて


ムラサキカタバミのページで書きましたように、最近はカタバミ類にも園芸種がたくさん現れ、
鉢植えなどで楽しむことも多くなってきたようです。このミヤマカタバミは、天然種ですが、
一面に咲き誇る姿はすごくきれいです。春先の高原の明るい林に一斉に咲きます。
葉の角の丸みが少なく、やや三角形の葉が特徴です。葉の角が丸く、小型のものはコミヤマカタバミ