オオバナミズキンバイ (アカバナ科チョウジタデ属)





















1-5:2014.8.14、草津市・烏丸半島近くの湖岸(ハス自生地周辺)で


たいへん美しい花ですが、超迷惑な植物のようです。侵略的水草といわれており、琵琶湖では湖岸一帯にはびこり、駆除対象となっていますが、
なかなか駆除も難しいといわれています。烏丸半島のハス自生地でも、このように急激に増えてきたようで、この先どうなるか、心配です。