オオハナウド (セリ科ハナウド属)





































1:2002.9.19、伊吹山・7合目付近で、2-3:2005.6.11、札幌・藻岩山にて、4-5:2013.8.13、北アルプス・重太郎新道の下部にて
6:2014.8.17、南アルプス・北沢峠にて、7:2014.8.17、南アルプス・北岳草すべりにて、8:2017.8.12、北アルプス・猿倉〜白馬尻間にて、
9:2017.8.12、北アルプス・白馬岳、小雪渓にて

ハナウド類は白くて細かい花を付け、シシウドに似ていますが、花の外側に大きな花弁があるのが特徴です。
オオハナウドはその中でも大型で、北部、および高山に分布する種です。小型のものはハナウドです。

 to  アルプスの花へ

 to 野の花・山の花へ