セントウソウ (セリ科セントウソウ属





















1-3:2013.4.29、鈴鹿山脈・霊仙山、最高峰近くで、4:2017.3.25、米原市大久保にて、5:2017.4.23、三重県・局ヶ岳にて


セントウソウはセリのなかまです。漢字では「仙洞草」。背が低く、足もとに這うように咲いていました。5は杉植林の下草として。