タチツボスミレ (スミレ科スミレ属)





































1-2:2003.4.29、鈴鹿山脈・天狗堂の標高約700m地点で、3:2007.4.30、鈴鹿山脈最南部・経塚山で
4:2005.4.30、鈴鹿山脈・鈴北岳山頂付近で、5:2006.4.16、金勝アルプス・竜王山中腹にて
6:2002.4.13、鈴鹿山脈・藤原岳6合目あたりで、7:2010.4.18、鈴鹿山脈・藤切谷にて
8:2011.5.3、鈴鹿山脈・石榑峠付近で、9:2016.5.5、越美山地、夜叉ヶ池登山道(美濃側)にて

ハート型の葉、唇弁(下向きに垂れた花びら)のラインと微妙な色合い、
花芯の黄色がなかなかチャーミングな花です。葉は丸みのあるハート型です。
4は珍しい白花と普通の色のものが隣り合って咲いていました。7も白花。
よく似たものに、オオタチツボスミレニオイタチツボスミレなどがあります。