トキワイカリソウ (メギ科イカリソウ属)

































1-2:2006.4..30、長浜市(旧余呉町)ウッディパルにて、3:2006.5.4、高島市マキノ町赤坂山(野坂山地)の中腹にて
4-5:2015.5.5、野坂山地、寒風にて、6:2016.5.5、越美山地、夜叉ヶ池への美濃側登山道にて、7-8:2017.5.5、比良山系・武奈ヶ岳にて

4枚の花弁に長い矩がついていて、それが錨のように見えるところから名づけられています。主に日本海側に
育つのがこのトキワイカリソウ。太平洋側はイカリソウで、鈴鹿山脈のものはたぶんイカリソウのようです。