ワタムキアザミ (キク科アザミ属)




2004.9.12、鈴鹿山脈、竜ヶ岳にて

頭をだらりと垂れる秋のアザミです。この写真だけからでは確実に判断できませんが、
滋賀県東部から静岡県西部の山地に分布するワタムキアザミかも知れません。
高さ50cm程度で頭花は少なく、長い柄の先に下向きにつくことなどが特徴です。
この周辺で秋によく見るスズカアザミは、頭花はほとんど垂れません。
ただ、正確には根生葉などを確認する必要があります。