日本コバ Mt. Nihon-Koba 


概要
 鈴鹿山脈に源を発する愛知川が、鈴鹿山脈から平野に抜け去る直前にある永源寺ダム。そのダムと湖東平野を隔てる山々の中の最高峰が日本コバ934mです。鈴鹿の主稜線からは西へ遠く離れているため、登山者は多くなく、静かな山旅が楽しめます。山塊としての日本コバは非常に大きく、南は愛知川・永源寺ダム湖、東は御池川、北は犬上川南流の最上流部、西は鈴鹿前衛峰の白鹿背山〜明神山〜高野山に取り囲まれた大きな区域に根を張っています。永源寺ダム湖から見上げるとその異様なほど山頂部の平たい形が印象的です。この「平たさ」は、ほかのいろんな山からも確認できます。鈴鹿山脈の北は霊仙山から、南は那須ヶ原山まで、ほぼすべての山域から見ることができます。そして、どこから見てもその姿は特徴的に平たいのです。その平たさは、単に見えるだけというものではなく、ほんとうに平らな山頂部を持っています。それは、MAPでピンク色を付けた部分に、山頂を含む尾根の東側に湿地を持つ標高はほぼ850m以上の大きな山頂台地があるのです。こういうと、鈴鹿の中では御池岳や藤原岳と共通点のように思われますが、御池岳や藤原岳が石灰地形で、カルスト台地としての山頂台地を持っているのに対し、日本コバでは石灰とは関係なく、花崗岩帯にある山頂台地ということになります。
 日本コバという不思議な山名は、「二本木場」あるいは「二本憩場」から来ているという説があります。いずれにせよ木地師達の山であったことは間違いなさそうです。山の北側には木地師の祖として尊敬されている惟喬(これたか)親王の御陵があります。

ルートについて
 代表的なルートは、東から藤川谷を遡行する藤川谷ルート、そして政所川西の集落から尾根に上がり、衣掛山を経て山頂台地の北端に達する政所道でしょう。このほかにも北の惟喬親王御陵から登り始め、大山谷林道を経て衣掛山に達するルート、永源寺ダム方向から永源寺尾根を登るルート、笠松尾根を登るルートなどがあります。


山行写真記
 藤川谷ルート(往復)2001.9.23へ(秋)
 藤川谷ルート〜山頂〜政所道、2009.7.5へ(夏)
 大山谷林道〜山頂周遊〜大山谷林道2011.5.21へ(初夏)


周囲からの日本コバへ

山頂からの眺望へ
盤石の丘からの眺望へ

 

日本コバMAP


この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図(日野東部、百済寺)をベースに作成いたしました。



周囲からの日本コバ滋賀の山・山姿写真集より。詳細データはそちらをご覧下さい。)


永源寺からの日本コバ
東近江市永源寺町高木より。後の山頂の平らな山が日本コバ。2001.9.23



永源寺ダムからの日本コバ
永源寺ダムより。日本コバ南面。2001.9.23



黒尾山からの日本コバ
手前あるのが笠松尾根。2005.4.17



岳〜旭山間の稜線からの日本コバ
真ん中の谷が藤川谷。その右が、政所へと下る尾根。2005.11.23



御池岳山頂からの天狗堂と日本コバ
手前が天狗堂、中遠景が日本コバです。2002.9.29





山頂からの眺望


雨乞岳 1238m
2001年はがんばって松の木に登れば南がよく見えました。手前右手に、タイジョウの姿も。2001.9.23


綿向山 1110m
右は水無山。2001.9.23


銚子ヶ口(手前、1077m)とイブネ(1160m)
ほとんど重なっていて、どこがどっちかはっきりしませんが・・・。2001.9.23



はるかに霊仙山(1094m)
2011年は、南の木々が大きくなり、北しか眺望が開けませんでした。北にははるかに霊仙山の姿。2011.5.21




盤石の丘及びその周辺の林道からの眺望



岳、割山、仙香山、釈迦ヶ岳など
南西方向。手前の丸いのが岳。その向こうのとんがり山が割山。後方は県境稜線で、左から三池岳、仙香山、釈迦ヶ岳。2011.5.21



御池岳と天狗堂
巨大な御池岳と尖った天狗堂です。2011.5.21



銚子岳、静ヶ岳と東山
後方左が銚子岳、右が静ヶ岳。前方は東山。2011.5.21



竜ヶ岳

まだ山頂の笹原が茶色い竜ヶ岳。2011.5.21