霊仙山   Mt. Ryozen [2009.8.19 梓河内〜梓河内道〜漆ヶ滝〜阿弥陀ヶ峰〜霊仙山七合目〜谷山・山頂〜柏原道〜JR柏原駅]

 2009年のお盆、梓河内の奥に駐車し、梓河内道を初めて登りました。途中すさまじいブッシュ漕ぎが数カ所。阿弥陀ヶ峰の尾根に乗ってから阿弥陀ヶ峰の山頂に登った後、再び梓河内道を進み、霊仙山七合目から谷山に登ったのち、帰路にはこれも初めての柏原道を通ってみました。

ルートマップへ



山行写真
撮影日:2009/8/15 Photo by Minaphm, All Rights Reserved.
撮影機材:ボディー: Pentax K10D、レンズ: SMC Pentax DA18-250mm F3.5




梓河内奥の霊仙山登山口 @
梓河内の集落の一番奥に車をとめ、南に向かって右の林道に入ります。獣除けゲート(上)こえたらすぐ左に流れを渡って登山口(下)があります。



植林帯を登る A
今日はお盆、終戦記念日。蒸し暑いです。足もとにはヤマビルさんもうようよしていました。



登山道らしく A-B間
岩の横を標高を上げながら通過します。かつて、よく踏まれた道であったことがわかります。



林道に出る B
いい道だなんて思っていたら、林道(中尾線)に出ました。さっきの林道を奥に詰めれば、ヤマビルの杉林を
通らなくてもここまで来れそうです。ただ、そうとう遠回りなので、時間の覚悟は必要なようです。



クサギの花 B-C間
林道沿いはクサギの花が満開でした。名前はクサギですが、甘い香りがします。



草の林道 C
やがて林道は草だらけで、車は全く来ないようです。もう少し上では背丈ほどの草を分けて登るところも。



林道の終点 D
林道とは言えないようなところも通ってきましたが、とりあえずここまではかつては車が入れたようです。



古い溝道 E
林道の先も、かつてよく踏まれていた証拠でもある溝状に彫りこまれた道が続いていたのですが・・・。



シダの海 E-F間
突然道がシダに覆われました。かつての踏み跡を確認しながらの通過は、かなり苦労しました。



若森神社 F
なんとかシダの海をくぐり抜けると、少し開けて、若森神社がありました。ここも半分シダに埋もれていますが・・・



平らな台地に出る G
尾根はやがて右に離れていき、ルートは山腹を進みます。その先、このようなだだっ広い杉林に出ました。



稜線に向かう G-H間
だだっ広い杉林で、ルートを見失いました。とりあえず稜線に乗れそうなところを見つけて、
間もなく稜線というところ。おそらく、通ったのは地図上のG-Hをショートカットする緑色のルートあたりでしょう。




阿弥陀ヶ峰の稜線(1) H
稜線上はよく踏まれていました。



阿弥陀ヶ峰の稜線(2) I
なかなかいい尾根道です。



阿弥陀ヶ峰の山頂 J
登りつめた所が阿弥陀ヶ峰876mの山頂です。左上の青い札が唯一の標記。マツカゼソウに覆われた、山頂らしくない山頂でした。



再び梓河内道 K
阿弥陀ヶ峰から引き返し、Kのあたりまで来ました。ここらはいい感じの道ですが・・・。



再びブッシュに・・・ K-L間
またまたルートはシダや草にかき消されました。ここの通過も多少難渋・・・。



霊仙の眺め K-L間
その先で、霊仙山の山頂部が見えました。小屋があるのが経塚山。その左が山頂。



阿弥陀ヶ峰 K-L間
そして、谷山谷の反対側には先ほど登った阿弥陀ヶ峰です。



柏原道の七合目に出る L
やがて、柏原道と合流です。ひもの向こうから上がってきました。西出商店さんの看板にも、ルートが消えてると書いてますね^^
注)2014.5現在、ルートが変わり、柏原道との合流はもう少し下で合流しているようです。



谷山・山頂 M
その先から谷山の尾根に取り付き、しばらく登ると谷山993mの山頂です。特に標記はありませんでした。
注)本当の谷山・山頂はヒノキ植林の縁で三角点があります。ここ↑は、どこだったのか、今ではなぞです^^;(2014.5)
きょうは、ここを最後に、下りにかかります。梓河内道の藪こぎで時間と体力を使いました。霊仙の山頂はパスです。
下りは、いまの梓河内道を戻るのは気が引けました。そこで、柏原道を下ってみることにしました。車は梓河内なのですが・・・。




柏原道(1) N
柏原道は、よく踏まれて整備された道。さっきの梓河内道からすると、ハイウェイです。



長浜、姉川河口、竹生島 O
途中、琵琶湖がよく見える場所がありました・大きな町が長浜、その向こうの出っ張りが姉川河口、浮かんでいるのは竹生島です。



三合目 O-P間
柏原道は、このように「合目」が書かれた看板が揃っています。



一合目、二本杉 P
JR柏原駅まで、あと3.9kmだそうです。



伊吹山を眺めながら Q
やがて林道となり、先に伊吹山が見えてきました。



柏原道の登山道入口 R
登山口まで下ってきました。しかし、車は梓河内。歩いて戻る元気はなし。結局柏原の駅からタクシーで戻りました。




山行記録:日時−2009年8月15日、天候−晴れのち曇り。9:55 梓河内集落奥に駐車後、登山口@から歩き始める。10:27 林道合流B、11:11 林道終点D、11:23 若森神社F、11:42 杉の台地G、12:16 阿弥陀ヶ峰の稜線H、12:37 阿弥陀ヶ峰・山頂J着。昼食後、12:52 山頂発、13:38 ポイントK、13:55 七合目L、14:00 谷山の尾根に取り付き、14:09 谷山・山頂M、14:25 七合目L、14:42 五合目、14:59 三合目、15:15 一合目P、15:56 登山道入口標識R、16:07 JR柏原駅。

MAP


この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図(彦根東部、霊仙山)をベースに作成いたしました。

図中の番号は上の写真と対応しています。