京都北山の山々

京都府と滋賀県の境界は、琵琶湖分水嶺に決して忠実ではなく、京都府内にもかなりの琵琶湖(安曇川)流域があります。
したがって、京都北山も県境の稜線がずっとあるわけでなく、沢や林道を歩いていると知らないうちに県境を越えていることもしばしば。
そんなわけで、ここではあまり「滋賀の山・山姿」では、滋賀にこだわらず、京都府内の山も分け隔てなく紹介していきます。
京都市の北部に広がる京都北山。地理学的には「京都北山」という山地は存在せず、「丹波高地」の東部ということになります。
それでも、かなり広範囲の山域で、滋賀県の湖西地方南部の、比叡山地、比良山系の西側すべてがその山域となります。
また、琵琶湖の北側を占める野坂山地の西側が、国道303号線が越える水坂峠で終わり、そこから西は京都北山ということに
なります。そんなわけで、滋賀県内では旧朽木村のほとんどが京都北山の領域となります。しかし、朽木地方の山々は、
京都北山から分けて取り扱われる場合が多いので、ここでは、「京都北山」と「朽木」を分けました。
本ページで取り上げる順番は、ほぼ北から南への順番ですが、グルーピングを優先しており、あまり厳密ではありません。

京都北山の山々、概念図
(黄色が中央分水嶺、黄緑が府県境、ピンク色が中央分水嶺を除く琵琶湖分水嶺です。また、ピンクの領域は「朽木の山々」で紹介しています。)

「京都北山・朽木の概念図」拡大版は左リンクへ。)


ブナノキ峠・傘峠
小野村割岳
桑谷山
鎌倉山
峰床山
こもれびの頂
品谷山
P892
ソトバ山
鍋谷山
井ノ口山
片波山
江賀谷山
皆子山
頭巾山
長老ヶ岳
雲取山
滝谷山
途中峰
ナッチョ(天ヶ森)
天童山・飯森山
桟敷ヶ岳
魚谷山
貴船山
天狗杉
天ヶ岳
焼杉山
金毘羅山
翠黛山
瓢箪崩山
箕ノ裏ヶ岳
岩屋山
半国高山
十三石山
沢山
三頭山
朝日峯
峰山
地蔵山
愛宕山
牛松山


サムネイルをクリックして下さい。フルサイズの画像が表示されます。 Click Thumbnails to enlarge.


ブナノキ峠
 Mt.Bunanokitohge, 939m
傘峠 Mt.Kasatohge, 935m

京都北山最北東部にある京都大学芦生研究林域内の二峰です。このあたりは峰を峠と呼ぶものがいくつかあります。

品谷山10にも写っています。



小野村割岳 Mt.Onomurawaridake, 951m

三国岳から滋賀-京都県境を離れて南西に延びる中央分水嶺は、天狗岳を経て小野村割岳に。その先、佐々里峠
に下ります。三角点は932mですが、南の尾根上の中央分水嶺が屈曲するところの少し南に最高点951mがあります。


「小野村割岳」(山行写真)へ


桑谷山 Mt.Kuwatani, 931m

峰床山の北西にある双耳峰です。三角点は西峰にあり、925mですが、東峰のほうが少し高く、931m。


「桑谷山」(山行写真)へ


鎌倉山 Mt.Kamakura, 950m

白倉岳同様、安曇川の谷をはさんで比良・武奈ヶ岳あたりと対峙しています。しかし、
白倉と峰続きではなく、間に針畑川が流れています。丸くてやわらかな山容を持っています。


白倉岳6にも写っています。

「鎌倉山」(山行写真)へ


峰床山 Mt.Minetoko, 970m

鎌倉山の南西、滋賀・京都府県境から西に離れた、京都府第2の高峰です。高層湿原八丁平を懐に抱いています。


「峰床山」(山行写真)へ


こもれびの頂 Mt.Komorebinoitadaki, 871m

「こもれびの森」は「京都花背山村都市交流の森」(森林公園)内の森で、ちしょろ尾根の頂点がこの峰です。
琵琶湖分水嶺の一峰でもあります。他にもチセロ山、チセロ峠とかチショロ山とも呼ばれているようです。



「ちしょろ尾根とこもれびの頂」(山行写真)へ


品谷山 Mt.Shinadani, 881m
P892 (35.2555,135.7335), 892m

品谷山は、廃村八丁を囲む山のうち、北側に位置します。また東側にはこの周辺の最高峰である無名峰の892m峰があります。なかなか秀麗な山です。何かいい名前をつけてあげたい山です。





ソトバ山 Mt.Sotoba, 806m

佐々里峠から南に延びる中央分水嶺上の峰です。タキノタニ山の別名も。廃村八丁の南側に位置します。




鍋谷山 Mt.Nabetani, 859m
井ノ口山 Mt.Inoguchi, 849m

中央分水嶺からソトバ山の北で分岐し、南東に延びる尾根上の峰です。井ノ口山には三角点が東尾根上の779mにあります。

品谷山9にも写っています。



片波山 Mt.Katanami, 763m

鍋谷山、井ノ口山とともに桂川上流の佐々里峠から南向きに流れる部分の西側に位置する山塊の峰です。東には片波山とセットで双耳峰状になるP756があります。


「片波山と鍋谷山」(山行写真)へ


江賀谷山 Mt.Egatani, 906m

峰床山から発する江賀谷左俣に沿うように囲む長い尾根上の峰です。「伊賀谷山」と間違われていることが多いようです。
「霞ヶ岳」の別名も。三角点標高は900.7m。最高点は三角点の少し南。また、さらに南に899mの鋭った山頂も持っています。


「江賀谷山」(山行写真)へ


皆子山 Mt.Minago, 971m

京都府の最高峰・皆子山(みなごやま)は安曇川の谷をはさんで比良・蓬莱山と向かい合う位置にあります。京都府下で最も高い割には、のっぺりとした山容で、しかも周囲に平地が無く、近くの谷底
から山頂を見られるところはまずありません。山頂を見るには遠く琵琶湖岸や京都市南部まで離れるか、近くの山から眺める必要があります。Wikipediaの写真も、周辺の一峰が写っているだけです。



「皆子山」(山行写真)へ



頭巾山 MtTohkin, 871m

若狭と綾部市、南丹市の境界に立つ山です。上の地図では八ヶ峰の西にあって、範囲外です。ここから南に延びる長い尾根上に次の長老ヶ岳があります。




長老ヶ岳 Mt.Chorogatake, 917m

京都北山西部の盟主といわれる名山です。南丹市と京丹波町の境界にあり、上の地図からも完全にはみ出しています。





雲取山 Mt.Kumotori, 911m

雲取山は、花脊高原の西に位置しています。芹生から谷を詰めて登るルートもあります。標高はそこそこあるのですが、皆子山に輪をかけたようにどちらから見ても
目立たない、高原状の山です。しかも、地形図を精査すると、911mの山頂よりもわずかに高い地点が少し北東にあり、遠くから山頂を同定するのは至難の業です。



「雲取山」(山行写真)へ


滝谷山 Mt.Takitani, 876m

花脊峠の越える尾根が北東〜北に向かったところの峰です。南へは百井峠から天ヶ岳につながります。北は大見尾根となり、琵琶湖分水嶺を形成します。


「滝谷山と天ヶ岳」(山行写真)へ


途中峰 Mt.Tochuumine, 812m

皆子山の南には安曇川の谷が廻り込みます。さらにその南には途中の集落を包み込むようにたつ812m峰。
これを本HP群では途中峰と呼んでいます。さらにこの尾根は、ナッチョ(天ヶ森)へと続きます。

ナッチョ4、峰床山16にも写っています。

「途中峰とナッチョ(天ヶ森)」(山行写真)へ


ナッチョ(天ヶ森) Mt.Naccho, 813m

途中峰から続く南西向の尾根の先にある峰。別名天ヶ森。京都府の山なのに、琵琶湖からよく見えます。もちろん、山頂からの
琵琶湖の眺望もすばらしいものがあります。山容は、少し尖った山頂部に特徴があるので、遠くからでもわかります。

途中峰12にも写っています。

「途中峰とナッチョ(天ヶ森)」(山行写真)へ


天童山 Mt.Tendoh, 775m
飯森山 Mt.Iimori, 791m

城丹国境の二つの峰で、桟敷ヶ岳の北西側に位置します。二峰の間に、電波反射板を2枚乗せた802mの無名峰があります。


「城丹国境を行く〜雲ヶ畑から周山へ」(YAMAP山行写真)へ




桟敷ヶ岳 Mt.Sajikigatake, 896m

かつて、都を追われた惟喬親王が、この山に桟敷を設けて都を眺めたという伝説の山です。雲ヶ畑を起点に登るのが一般的です。


「桟敷ヶ岳」(山行写真)へ


魚谷山 Mt.Iodani, 816m

森に覆われた目立たない静かな山。そんな印象が地形図から沸いてきます。三角点は816mですが、地形図では北側30mに820mの標高線があります。
このあたりが最高点かと思って現地調査してみるとそのような場所は無く、三角点が最高点にありました。ただし、柳谷峠の北東には822m峰があります。



「直谷から魚谷山、貴船山」(山行写真)へ
「惣谷から惣谷山と魚谷山」(山行写真)へ


貴船山 Mt.Kibune, 722m

貴船川谷の西に連なる連山です。三角点は699m峰に。その北に716m峰と722m峰。この3つの峰までを貴船山というようです。

桟敷ヶ岳18にも写っています。

「直谷から魚谷山、貴船山」(山行写真)へ


天狗杉 Mt.Tengusugi, 837m

現在の花脊峠と昔の花脊峠の間にある峰です。

雲取山9にも写っています



天ヶ岳 Mt.Amagatake, 788m

百井峠の南にある峰。京都側から言うと、鞍馬や大原から長い尾根を北上したところにある峰です。南から見ると山らしい形をしていますが、東西から見ると、尾根の盛り上がり程度に見えます。

ナッチョ4にも写っています。

「滝谷山と天ヶ岳」(山行写真)へ


焼杉山 Mt.Yakesugi, 717m

大原の北側に立つ形のいい山です。標高はあまり高くないのですが、遠くからでもよく目立ちます。


「焼杉山」(山行写真)へ


金毘羅山 Mt.Konpira, 573m
翠黛山 Mt.Suitai, 577m

大原の西、焼杉山の南に連なる二峰です。金毘羅山は岩のゲレンデとして有名です。


「金毘羅山、翠黛山」(山行写真)へ


瓢箪崩山 Mt.Hyotankuzure, 532m

大原の南にあり、高野川をはさんで水井・横高山と対峙する位置にある峰です。


「瓢箪崩山と箕ノ裏ヶ岳」(山行写真)へ


箕ノ裏ヶ岳 Mt.Minouragatake, 432m

瓢箪崩山の西側、静原と岩倉に挟まれた山です。




岩屋山 Mt.Iwaya, 680m

桟敷ヶ岳から薬師峠を挟んで南西に尾根続きの山です。三角点はなぜか中腹の649mにあります。東には岩屋不動(志明院)があります。




半国高山 Mt.Hangokutaka, 670m

桟敷ヶ岳から岩屋山を経て南西に延びる尾根上にあります。真弓の西、周山街道のすぐ東です。


「雲ヶ畑から白木谷山と半国高山」(山行写真)へ



十三石山 Mt.Juusangoku, 495m

雲ヶ畑の南、氷室の北にある山です。


「十三石山から城山、釈迦谷山を経て沢山へ」(山行写真)へ


沢山 Mt.Sawa, 516m

衣笠の奥にあり、標高の割にはなかなか存在感のある山です。


「十三石山から城山、釈迦谷山を経て沢山へ」(山行写真)へ


三頭山 Mt.Mitsuzuko, 728m

地蔵山から北に延びる尾根上の峰。「みつずこ」と読みます。





朝日峯 Mt.Asahimine, 688m
峰山 Mt.Mineyama, 537m

高雄の北にあります。朝日峯にはなぜか「峰」ではなく「峯」の字がよくあてられます。一方峰山は普通の「峰」。





地蔵山 Mt.Jizoh, 947m
竜ヶ岳 Mt.Ryugatake, 921m

愛宕山の北に続く峰で、地蔵山は一等三角点の山です。竜ヶ岳は派生尾根上にあります。よく一緒に見えますが、京都の市街からは竜ヶ岳しか見えません。


「地蔵山と竜ヶ岳」(山行写真)へ



愛宕山 Mt.Atago, 924m

嵐山から直線距離でわずか6.5kmほどにある高峰です。愛宕参りでおなじみの山でもあります。


「愛宕山」(山行写真)へ



牛松山 Mt.Ushimatsu, 636m

愛宕山の西、というより亀岡の北の山といったほうがいいのかもしれません。京都からも愛宕山の左手に保津峡を越えてけっこうよく見えます。


サムネイルをクリックして下さい。フルサイズの画像が表示されます。 Click Thumbnails to enlarge.