朽木の山々

滋賀県の旧・朽木村(現在は高島市朽木)に広がる山々は、地理学的には「丹波高地」の東端ということになります。
比良山系、野坂山地とは谷や峠で隔たっていますが、京都の北側に大きく広がる山地、いわゆる京都北山とは、一続きの
山々で、便宜上分けているだけです。したがって、境界線上の山々はどちらに入ってもいいわけですが、ここでは滋賀県を
優先して、県境の山々は朽木の山の方に入れさせていただきました。具体的には、三国峠、カベヨシ、三国岳の3山です。
西はここを境界としますが、東は比良山系との境界の安曇川谷、北西は琵琶湖の北側を占める野坂山地との境界の
国道303号線(水坂峠道)まで、北は福井県・若狭地方との県境までとしました。
本ページで取り上げる順番は、ほぼ北から南への順番ですが、あまり厳密ではありません。

朽木の山々の概念図
(黄色が中央分水嶺、黄緑が府県境、ピンク色が中央分水嶺を除く琵琶湖分水嶺です。)

「京都北山・朽木の概念図」は左リンクへ。)


二の谷山
駒ヶ岳
桜谷山
百里ヶ岳
803m峰
地蔵谷峰
能内山
三国峠
三国岳
経ヶ岳
ヘラ谷奥
正座峰
雲洞谷山
鷹ヶ峰
白倉岳


サムネイルをクリックして下さい。フルサイズの画像が表示されます。 Click Thumbnails to enlarge.

パノラマ

彦根市薩摩からのパノラマ(比良北部と中央分水嶺の山々)


湖北武奈ヶ嶽からのパノラマ(朽木の山と京都北山・北部)



二の谷山 Mt.Ninotani, 608m

中央分水嶺は野坂山地の大御影山までは福井・滋賀県境稜線で西に進みますが、その後県境を離れ、三重嶽、
湖北武奈ヶ嶽と続きます。その後急激に高度を落として水坂峠となり、次の盛り上がりが二の谷山です。





行者山 Mt. Gyoja, 587m

二の谷山の先、中央分水嶺は国道367号線を東に越えて西峰山に達し、クランク状に西に折れ、檜峠で再び367号線を西に
越えます。その先、430m無名峰を経て、さらには住宅地を通り、南に曲がって、次の盛り上がりが行者山です。





駒ヶ岳 Mt.Komagatake, 780m

行者山の先、中央分水嶺は再び福井・滋賀県境稜線と合流します。その後この駒ヶ岳で久々に750mを超えます。





桜谷山 Mt.Sakuradani, 825m

駒ヶ岳の西、百里ヶ岳の北、そして安曇川水系・麻生川の源流部に位置する奥深い山です。なかなかの尖峰で、遠くからでも確認できます。


駒ヶ岳Uにも写っています。



百里ヶ岳 Mt.Hyakurigatake, 931m

旧朽木村の奥地、若狭の小浜からも近い、この周辺の最高峰です。南側から見ると、左に小入谷からの林道が登っていく峰があり、見つけやすいです。





803m峰 Peak 803m

百里ヶ岳と三国峠間の中央分水嶺の一峰ですが、名前がありません。でも周囲からはよく目立つ存在です。




地蔵谷峰 Mt.Jizohdanimine, 792m

百里ヶ岳の南から発し、麻生川と北川水系を隔てる長い尾根上の峰。このあたりでは稀に見る秀峰で、朽木のシンボル的な山です。





能内山 Mt.Nonai, 620m

地蔵谷峰からさらに南下する尾根上の峰。三角点は610m。





三国峠 Mt.Mikunitohge, 776m

近江・若狭・丹波国境の三国境に位置する山です。国土地理院の地形図では「三国岳」の表記。これが混乱の源で、一つ下の三国岳と混同しているガイド本もあります。中央分水嶺の一峰。


「三国峠」(山行写真)へ



三国岳 Mt.Sangokudake, 959m

近江・山城・丹波国境の三国境に立つ峰で、「さんごくだけ」と読み、京都府下では3番目に高い峰です。中央分水嶺はここで近江を離れ、京都北山の天狗岳、小野村割岳と進んでいきます。

経ヶ岳Uにも写っています。

「経ヶ岳と三国岳」(山行写真)へ



経ヶ岳 Mt.Kyogatake, 889m

三国岳から近江−山城国境の稜線伝いに南東方向の峰です。丸い形が目印です。

三国岳T,Uにも写っています。

「経ヶ岳と三国岳」(山行写真)へ


ヘラ谷奥 Mt.Heradanioku, 909m

さらにその稜線の南側にあります。別名「イチゴ谷山」、「オキナ谷山」。三角点は892m。三角点峰が尖っているのが目印です。


「ヘラ谷奥」(山行写真)へ



正座峰 Mt.Shohzamine, 725m

朽木三川の針畑川と北川に挟まれた山域の峰。南にさけび越があります。別名「生姜谷峰」、「さけび山」。


「正座峰」(山行写真)へ


雲洞谷山 Mt.Utohdani, 622m

旧朽木村役場があった市場の西側の尾根上の峰です。この尾根は鷹ヶ峰を経て、白倉岳に達します。


「雲洞谷山」(山行写真)へ


鷹ヶ峰 Mt.Takagamine, 823m

雲洞谷山から大彦峠を経たのち、白倉岳との間にある峰です。山頂は尾根分岐点の
745mとされることもありますが、ここではその南の最高点をとっています。





白倉岳 Mt. Shirakuradake, 950m

安曇川の谷をはさんで比良・釣瓶岳あたりと向かい合う位置にある衝立状の連峰です。北から烏帽子岳、本峰、中岳、南岳のピークをもっています。


「白倉岳」(山行写真)へ

サムネイルをクリックして下さい。フルサイズの画像が表示されます。 Click Thumbnails to enlarge.